1. ホーム
  2. 採用情報
  3. 先輩社員インタビュー 営業部
  4. 本田

先輩社員インタビュー  営業部 本田

ゼロから関わることで
自信をもっておすすめ出来ます

私は岡山の出身なんですが、岡山でもよく和田コーポレーションの物件を見ていました。当時は競合相手のマンションデベロッパーで働いていまして、和田のマンションはすぐ完売になる印象がありました。そんな時、元々の上司からお誘いをうけまして転職。岡山で仕事できるという話もあって決めました。その場所に応じた企画、ご購入を希望される層(家族構成や所得者層)に応じた企画。お客さまのニーズに合った間取り・仕様をゼロから練っていく企画会議があるんです。そこに私たちマンション営業部も最初から入って、本当に細かいところまで打ち合わせしていくんですね。自分達が提案して実現した間取りや仕様だと自信をもってお客さまにお勧めすることが出来ます。

本音を話してもらうからこそ
提案することが出来るんです

平日と週末では仕事の仕方が全く違いますね。週末の土日はお客さま対応。本当にいろんな人にお会いする仕事です。年齢も職業も。例えば同じような年代世代の方でもひとりひとり全然違いますから。考え方、生き方、価値観、所得など。個人個人で違うということを常に意識して取り組んでいます。お客さまのライフスタイル、家族構成、将来のビジョンなどじっくり真摯にお聞きすること。そうでないとこちらもご提案できないです。人生を左右するような大きな買い物ですから。「この人だったら安心して任せられるな」と思っていただけるような接客をいつも心掛けています。まず、自分のことを信頼していただいて本音を話してもらっていただいて初めてご提案できるので。

個人だけでなくチームの全員が一体となって目標を達成

基本的にウチの営業は個人プレーでなくチームプレーなんですね。メンバー構成はマンションの規模によって5人だったり7人だったりと変わります。マンション1棟全戸数を完売させるのってなかなか難しい仕事です。なので普段からチーム内で密にコミュニケーションを取るようにしています。朝夕は進捗状況の確認と情報共有バックアップのためのミーティングが欠かせません。もちろん個人的にも目標を定めて仕事を進めますが、チームだからこそできる和田コーポレーションの仕事は日々成長を実感できて、本当にやりがいがあります。

チームプレーなので協調性ある方がいいですね

私たち営業は、年間1人あたり約200~300人のお客さまと会っている計算になります。営業部チーム内での朝夕のミーティングは本当に大切です。顧客管理など予め情報共有してバックアップしておかないと、個人プレーだと何かが起こったとき対応できません。なので普段からコミュニケーションを密にしてチームプレーが出来る協調性ある方に来てほしいですね。

他の先輩社員を見る